Masahの米国株 & 暗号資産 投資ノート

レバレッジド・コア・サテライトと暗号資産で資産形成中。目指せ1億!

運用ルール ver.16

f:id:singaporefire:20210106003202j:plain

 

自身のトレード結果を振り返り、運用ルールを日々更新してます。

目標リターン

カガミルさんのレバレッジド・コア・サテライトを使い、月間5%~10%、年間で80%のリターンを目指す。45歳までに1億円の資産形成が目標。毎月の入金は行わない。

レバレッジド・コア・サテライトについて

レバレッジド・コア・サテライトとは、レバレッジETFを利用した投資戦略です。詳細については本家カガミルさんのサイトをご覧ください。

kagamiru.com

ポートフォリオ解説

コア、サテライトの比率は半々とする。コアはS&P500とNASDAQ100の2倍ブルETF、$QLD(通称レバナス)と$SSOで構成し、原則バイ・アンド・ホールド。サテライトは3倍ブルETF、$TQQQと$SPXLで構成する。

暴落時のコアの下落を相殺するため、3倍ベアETFの$SQQQ、$SPXSを利用する。

1. 基本型

サテライトのキャッシュ比率は50%、 $TQQQと$SPXLをそれぞれ25%ずづ保有。バイ・アンド・ホールドの恩恵を得るため、小さめの調整局面においてもなるべく基本型をキープする。

f:id:singaporefire:20210721234221p:plain

2. リスクオン型

MACDがポジティブ圏で推移し、新高値を更新し続けている状態で利用。RSIが70以上になるなど、上昇に少しでも陰りが見えたら早めに基本型に戻す。

f:id:singaporefire:20210721234432p:plain

3. リスクオフ型

大きめの調整や暴落の可能性があるときに使う。3倍ベアETFでサテライトの値動きを相殺し、Cash100%と同じ状態を作りつつ、超防御型への移行に備える。

f:id:singaporefire:20210722081536p:plain

4. 超防御型

大きめの調整や暴落が起こった際に利用。3. リスクオフ型の状態から$TQQQ、$SPXLを現金化し、コア下落の相殺を狙う。コアのリターンにも影響が出るため、多用しない。

f:id:singaporefire:20210721235442p:plain

リバランス

3か月毎(3月、6月、9月、12月)にリバランスを行う。

その他

頭の片隅にいれておきたい相場、トレードの備忘録。

・MACD線の上昇は価格の上昇に先行する。MACD線の下降は価格の下降に先行する

・弱気相場では寄り付きで上げ、大引けで下げることがよくある。反対に強気相場では 寄り付きで下げ、大引けで上げることがある。

・寄り付き、引けから1時間は値動きが激しいのでトレードを控えた方がよい

・月の最終週にはローテションやリバランスで資金が移動しやすいため、セクターの ETFを保持している時は注意